2019年2月・パンツの絵本で笑った^^英語絵本の会

2月28日(木)は図書館の休館日でしたが、英語絵本の会は予定通り行いました。でも3時からの英語絵本のミニ読み聞かせ会はお休み。そのことに当日になるまで気がつかなかった私。当日になって、そういえば図書館が休みだから読み聞かせできないな~なんて。実はブログ最後に詳しく書きますが、そのおかげで(?)素敵なことがありました。今回の参加者は大人8名子ども1名の計9名でした。

スポンサーリンク
eigosuki336x280

早くも夏の英語絵本のおはなし会の準備始まる

準備と言ってもそんな大変なことをするわけではないのですが、もう7月の英語絵本のおはなし会の内容を考え始めています。月に一度しか集まらないので、7月が来るのはあっという間なのです。どんな絵本を選んだら、楽しいだろうかとか、どんな絵本を選んだら私たちの良さが引き出せるだろうかなど考えています。

絵本ばかり読んでも飽きてしまうかもしれないので、絵本以外の何か楽しいことも考えようと思っています。読み手も聞き手も両方楽しい時間が過ごせたらいいなと思います。深く考えずに、ただ笑って愉快に過ごすだけでいいのです。今年の夏が楽しみです!

今回読んだ英語絵本の紹介

この日にみんなが持ち寄った英語絵本の一部を紹介します。

I’m not Cute! かわいくなんかないっ!

   

“I’m not cute!”っていうのだけど、いやいやめっちゃ可愛いです^-^ ふくろうの赤ちゃんのことです。森で出会う動物たちにかわいいかわいいと言われて、自分はふくろうなんだ!鋭い爪とくちばしもあるんだい!てな感じで怒っています。お母さんはそんなわが子の扱いをちゃーんとわかっているようです。かわいさ満点の絵本でした。

The Underwear Book パンツのきまり

下着のパンツの絵本です。びっくりするほどの色使いで、パンツに関してしていいことといけないことを説きます。もうこれだけで面白くないですか?実際に読むととっても面白いです!幼児から大人まで楽しめます。一人で読んでも楽しいけれど、何人かで集まって読むと誰かが何か面白いことを言ったりしてくれるので、とても盛り上がります。

Amelia Bedelia

日本語訳はありません。英語圏の小学生向けに書かれたお話ですが、英語を外国語として学ぶ人にもよく読まれています。このAmelia Bedeliaはシリーズ化しています。Amelia Bedelia(アメリア・ベデリア)はお手伝いさんなのですが、仕事をいいつけられると、いつも動詞の意味の取り間違いをして言われたことと全く違うことをしてしまいます。一つの動詞でもいろんな意味があるという気づきが得られ、Amelia Bedeliaの「なんでやねん」級の勘違いで読者の笑いを誘います。Amelia Bedeliaは失敗ばかりするお手伝いさんですが、最後はお手製レモンパイ(もしくは手作りの美味しいお菓子)で雇い主の気持ちを満たしてくれるというお決まりのラストが素敵です。

Benjamin’s Box

ハムスターのBenjaminが木箱を見つけます。「fragile」(割れ物注意)という札が貼られています。興味津々のBenjaminは中を見たくて仕方がありません。あの手この手で箱を開けようとしますがうまく行きません。魔法を使ったり爆薬を持ち出す始末。最後には意外な結末が。大人のほうが熱心に話を聞こうとしますが、子どもは意外と絵をしっかり見ているので、大人と感じ方が違うかもしれないな~という絵本です。

この本の日本語訳はありません。英語の絵本のみ、行橋市図書館で借りることができます。

After the Fall

ハンプティ・ダンプティはご存知ですか?マザーグース(童謡)の一つで、卵のような姿をして人間の服を着てるあのキャラクターと言えばピンと来る方が多いのではないでしょうか。こんな詩です。

Humpty Dumpty sat on a wall,
Humpty Dumpty had a great fall.
All the king’s horses and all the king’s men
Couldn’t put Humpty together again.

18世紀頃になると、「ずんぐりむっくり」を意味するスラングとしても使われるようになったらしいです。この絵本はそのハンプティ・ダンプティが塀から落っこちて割れてしまった後の話です。実はあの事故の後、ハンプティ・ダンプティは病院で割れた体をくっつけてもらったのです。けれど元の通りにはなりませんでした。高所恐怖症になってしまったのです。でも空へのあこがれを捨てきれなかった彼は・・・。面白かったです。

英語絵本のミニ読み聞かせ会

この日は図書館の閉館日だったため、毎月3時スタートの英語絵本のミニ読み聞かせ会はお休みでした。読み聞かせ会が開かれないというお知らせを徹底できていなかったこともあり、図書館の前で2組の方が待ってくださっていたのです。

しかもそのうちの一人の方が、別の部屋で練習している私たちに知らせにきてくださいました。なんとありがたいことでしょう!さらに英語絵本の会のメンバーさんの機転により、急遽私たちが練習していた視聴覚室で英語絵本のミニ読み聞かせ会を開くことにしました。

図書館前で待ってくださっていた方に上の階まで来ていただき、読み聞かせ会が始まりました。大人3名、子ども2名の方に楽しんでいただきました。読んだ英語絵本は2冊です。

The Underwear Book
Benjamin’s Box

いずれも上で紹介した絵本です。

始まりにはOpen Shut Themの手遊びと、終わりにはSee You Later, Alligatorを歌いました。小さな子どもたちは、手遊びや歌が好きですね。何が始まるの?ときょとんとしていても、手遊びが始まるとにっこり笑顔になります^^ その笑顔が私たちの励みになっています^0^

今回の感想と次回のお知らせ

今回は図書館の休館日にあたっていて、図書館で本を借りることが出来なかったのですが、集まった方たちはあらかじめ借りていた英語絵本や手持ちの英語絵本を持参してくださいました。いつも知らなかった絵本に出会えます。2600冊以上英語の絵本を読んできた私でも、毎回知らなかった絵本に出会えます。

数人のグループに分かれて、お互いの絵本を読んで感想を言い合ったり、著者やイラストレーターについて語ったり、そこから話が発展していったりと、いつまでも終わらない話を時間が来たためにおしまいにするのが毎回心苦しいです。

どんな英語絵本があるかわからないという方は、ぜひ一度見学にいらしてください。いろんな絵本に出会えますし、絵本好きな人ばかりなのでおすすめの絵本なども教えてもらえますよ。どのように読めるようになったのかなど質問したら、興味深い話が聞けるかもしれません。

さて次回は今年度最後の英語絵本の会です。日程は3月28日(木)13:30~15:00です。場所はコスメイト2階の視聴覚室です。この日は図書館の赤ちゃんコーナーでの英語絵本のミニ読み聞かせ会も行います。英語絵本の会の参加も読み聞かせ会も無料なので、お気軽にお越しください。いつでも大歓迎です!

スポンサーリンク
eigosuki336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
eigosuki336x280