2018年9月英語絵本の会

2018年9月27日(木)、9月の英語絵本の会を行いました。今回は2名の飛び込み(お母さんと子どもさん)がいらっしゃいました!飛び込み参加って、本当にうれしいです!!ありがとうございました。

飛び込み参加の方も合わせると、今回の参加者は12名。内訳は大人10名、子ども2名でした。

スポンサーリンク
eigosuki336x280

嬉しいサプライズで始まった

コスメイト行橋の視聴覚室に入ると、もう何人かいらっしゃいました。すでに机とイスのセッティングも終わり、イスには「今回は怪我のためにお休み」という連絡が入っていた方が座っていらしてビックリ。なんとメンバーさんが迎えに行ってくれたのでした。

初めてお目にかかるお母さんとお子様の姿もありました。飛び入り参加と聞いて、またまたサプラーイズ!

こんな始まりの9月英語絵本の会でした。

少し前になりますが、図書館へ英語絵本の会からリクエストを出していた英語絵本が入荷されて、書架に並んでいます。どれもとても面白いので、図書館へ行かれたときには探してみてくださいね。次の章で、新しく入れてもらった英語絵本も紹介します。

今回読んだおすすめの英語絵本&図書館に新しく入れてもらった英語絵本

はじめに今回メンバーさんたちが持ち寄った英語絵本の中から、何冊かピックアップして紹介します。次に図書館に新しく入った英語絵本を紹介しますね。

Shh! We Have A Plan  しーっ! ひみつのさくせん

青を基調としたイラストに、出てくる動物たちの鮮やかな色が綺麗です。ストーリーは夜の森に3人組が鳥を捕まえる作戦を実行するのです。ところがなかなかうまく行きません。ちびっこがやってきて邪魔(?)しようとしますが、「Shh! we have a plan」と言って、相手にしません。

一定のリズムでストーリーが進んで行き、途中の変化が読者の予測を小気味よく裏切ってくれます。次に何が起こるのかと、いつの間にかイラストに目が釘付けになり、想像力が掻き立てられます。超オススメです。いい歳の大人が(笑)ワーワー言いながら、とても盛り上がった絵本です。

The Ugly Duckling

この英語絵本は以前このブログで紹介しましたが、時間が経っているので、再度紹介します。

日本語にすると『みにくいあひるの子』なのですが、この英語絵本はみんなが知っている『みにくいあひるの子』とはちょっと違います。あひるの兄弟の中で一番見にくかった子が実は美しい白鳥の子だったという点は同じなのですが、英語の文章はとても読みやすくなっていて、しかけ本で楽しいです。

みにくいあひるの子って、確かかわいそうなはずだったんだけど・・・なぜか笑っちゃう。そんな絵本です。行橋市図書館にあるので、借りることができます。

Pete The Cat and His Four Groovy Buttons

『Pete The Cat and His Four Groovy Buttons』日本語のタイトルは『ねこのピートだいすきなよっつのボタン』。英語・日本語ともに行橋市図書館にあるので、借りることができます。

小学校の低学年ぐらいまで、とても喜んで聞いてくれる絵本です。日本語はもちろん、英語でも音を楽しんでくれるはずです。英語はシンプルなフレーズのくり返し。歌う部分もあるので、お子様と一緒に読むと盛り上がりますよ^^ YouTubeで英語を聞くことができるので、ここに紹介しておきますね。

9月入荷 WIGGLE!

五味太郎著。Wiggleって何だと思いますか?辞書で調べる前に、この英語絵本を手に取り中を開いてみてください。あっという間に読めてしまう絵本、その上面白い。絵本を読み終えた頃に、Wiggleってこんな意味?というぼんやりしたイメージが出来上がっていると思います。

私が今も続けている英語の多読は、そうやって語彙を増やしていきます。私はあえて辞書は使いません。ぼんやりしたままでも、多読を続けていると何度も出会う単語があるのです。そんな目にする頻度の高い言葉から順に意味がはっきりわかるようになります。

多読をしないあなたも、まずは絵本を見て出来上がったイメージがあっているかどうか、辞書を引いてみると楽しいですよ。ゲーム感覚で楽しむ英語。こちらの絵本、日本語版は出版されていないようです。

9月入荷 THE GRUFFALO

日本語タイトルは『もりでいちばんつよいのは?』です。英語のタイトルとずいぶん違いますね。日本語タイトルはストーリーからつけたのだと思います。日本語は行橋市図書館にはありません。

森に住むずる賢いと言われている動物たちが、ねずみを狙います。ねずみは彼らをうまく騙して逃げるのですが、どうやって?最後のオチも見逃せません。

9月入荷 The BOSS BABY

日本語のタイトルは『あかちゃん社長がやってきた』です。こちらは日本語版は行橋市図書館にはありません。映画の『ボス・ベイビー』の原作になっているのですが、映画とはコンセプトが全く違うので要注意です。

映画のほうが娯楽よりで、こちらは「赤ちゃんとはこういうものだ」という意味合いの強いストーリーなので、映画の元になったストーリーという意識を強く持って読むと、アレ?となっちゃいます。

両親が赤ちゃんに振り回されている様子が笑えます。赤ちゃんにも奥の手があるのね・・・。でもいつもはこの手を使わないとは、赤ちゃん手ごわい!(笑)

9月入荷 Mother Bruce

これ、英語絵本の会のメンバー内でかなりウケた絵本でした。「Mother Goose」のGooseにバッテンをつけて、Bruceに書き代えられた表紙からして可笑しいです。Bruceはいつも不機嫌なクマの名前です。

Bruceは雨が嫌い、晴れも嫌い(;^_^A かわいい小動物も嫌い(;^ω^) 何が好きかといえば、おいしい料理レシピをインターネットで調べることなんですって。( ゚Д゚)

食材にもこだわりがある。不良品に対してはきちんと対処してもらう姿勢を持っている。そして・・・責任感がある。この性格が災いして(?)到底受け入れられないサプライズが起きた後、Bruceの身の上に起きた出来事が笑えます。

笑いのツボが幼児・低学年児童レベルを超えているので、大人ウケする絵本だと思います。日本語訳はまだ出版されていません。すぐれた絵本に贈られる児童文学賞の1つであるエズラ・ジャック・キーツ賞を受賞。

9月入荷 Papa, please get the moon for me(小型ボードブック)

この英語絵本は小型のボードブックです。しかけ絵本なので、ボードブックだと小さなお子様が扱いやすいのでおすすめです。日本語のタイトルは『パパ、お月さまとって!』です。

3時からの英語絵本ミニ読み聞かせ会

午後3時から図書館の赤ちゃんコーナーで、英語絵本の読み聞かせをしました。このミニ読み聞かせ会へのご参加は、大人4名、子ども2名の合計6名でした。ありがとうございました!

この日読んだ英語絵本は2冊。
1. Shh! We Have A Plan
2. Three Little Kittens

Shh! We Have A Planは予想通りの良い反応で、演者側としては嬉しかったです。Three Little Kittensは美しい声での歌い語り(?)で、とっても楽しかったです!

   

今回の感想

出産前まで会で活動されていた方がお子さん連れで7月からまた来てくださるようになり、飛び入りでいらした母子も合わせ、今回は小さな子どもさんが二人。以前は度々見られた光景だったので、懐かしかったです。

お仕事されているお母さんも、育児休暇中にお子さんと気軽に参加していただける会になればと考えています。主力メンバーは、子育てが終わった世代の方が多く、育児の大変さをよく理解されている方ばかりなので、みんな相談にも持ってくれるだろうし、少々お子さんが騒いでも全然大丈夫です。

視聴覚室は防音がされているので外には声が漏れないし、走り回って怪我をしないよう、みんなが交代で見守ることもできます。お気軽に、そして飛び入り大歓迎なので、いつでもふらりとお越しください!詳細は図書館へお問い合わせください。

次回は10月25日(木)午後1時半から3時までです。3時からは図書館の赤ちゃんコーナーで、英語絵本のミニ読み聞かせ会をします。

スポンサーリンク
eigosuki336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
eigosuki336x280