7月のおはなし会練習・英語絵本の会

2018年6月28日(木)は、英語絵本の会でした。今回は来月開催予定の英語絵本のおはなし会の練習と打ち合わせでした。

久しぶりにお顔を見せてくれたメンバーさんがいて、とても面白い絵本をみんなに読んでくれました。後で紹介します。それから西日本新聞社の取材も受けました!近々記事になると思います。

スポンサーリンク
eigosuki336x280

おはなし会の練習と打ち合わせ

いよいよ来月、コスメイト行橋の視聴覚室で英語絵本のおはなし会をします。みんなで集まれるのはこの日が最後。各自の役割を確認したり、おはなし会の内容や流れを確認しました。

通しで練習しましたが、時々アドバイスや提案などがあって、活気にあふれた集まりになりました。みんなで一つのことに向って進むのは楽しいですね。

読み聞かせって基本個人プレー(というのかしら?)。上手く読むためには、地道な個人練習がどうしても必要だからです。けれどもみんな集まると一体感と安心感があり(これが信頼感なのかも)、「なんとかなるさー」という気持ちになれます。

正直な気持ちを告白すると、毎回、おはなし会が近づいてくるといつも「あー、なんでこんな大それたことを企画しちゃったんだろう・・・」と、気が重くなるのです。これは私個人の気持ちなのですが。

けれど英語絵本の会でみんな集まって、おはなし会の中身を考えたり練習をしていると、ホント楽しい^-^

そしておはなし会の当日、朝を迎え再び「あー、いやだ緊張する~」と言いながら会場に向うのだと思います。気が重い・・・でも、会場に入って準備して、おはなし会が始まると、いつのまにかそんな不安な気持ちは消え去って、思い切り楽しんでいる自分がいます。

そしておはなし会が終わった後の達成感といったら!気持ちいいんですよね。一緒におはなし会をしてくれる会のメンバーさんたちも、きっと同じ気持ちでいてくれると思います。

今回読んだ絵本の紹介

今回は久しぶりに参加してくれたメンバーさんがいました。初めにおはなし会の練習をして、残りの時間でおはなし会で読む絵本いがいの英語の絵本を持ってきている人に読んでもらいました。

The Giving Tree  おおきな木

   

このブログで何度か紹介したと思います。『The Giving Tree』、日本語のタイトルは『おおきな木』。Shel Silverstein(シェル・シルヴァスタイン)著です。違う人が読むと、また違う印象を受けます。大人向けの本ね、というのが多くの人の意見です。

リンゴの木と男の子のストーリー。いつも一緒に遊んでいたのですが、男の子が少年になり、青年になり・・・やがて老人になります。年月を経て変わっていく男の子の気持ちと、変わらぬリンゴの木。読んでいるうちに、いつのまにか人生と重ね合わせたりして。

Curious George Takes a Job  ひとまねこざる

   

『Curious George Takes a Job』の日本語のタイトルは『ひとまねこざる』。H. A. Rey(H・A・レイ)著です。H.A.Reyの没後も人気だったジョージシリーズはストーリーが増えていきました。彼自身が書いたジョージのストーリーは7つで、そのうちの一つがこの『Curious George Takes a Job』です。

H. A. Rey自身が書いたストーリーは、結構語数が多いのが特徴です。この日読んでくれた女性は、数年前に英語絵本の会に初参加したとき、英語の勉強をまともにしてこなかった、そういう時代だったというお話をしてくださいました。なんと御歳80歳。

数年の間にみんなが驚くほど上達して、今では長いストーリーでもスラスラ読むまでに。最近は少し長めの絵本を読んでくださいます。そしていつも「今日はここまで」といって、2回ぐらいに分けて読まれるのです。

Three Little Kittens  いたずらこねこ

   

『Three Little Kittens』の日本語タイトルは『いたずらこねこ』です。Paul Galdone(ポール ガルドン)著です。マザーグースのThree Little Kittensが、ポールガルドンのイラストで絵本になりました。歌があるので歌い聞かせができて楽しいです。

歌のメロディがシンプルで歌いやすいことと、ポールガルドンが描くネコ母さんが「What?」と言ったときの恐ろしい顔が私のツボにはまって、とっても気に入りました!歌はYouTubeで見つけたので、聞いてみてください。絵本のイラストとはまた違ったネコたちです。もしもポールガルドンのThree Little Kittensを見かけたら、ぜひ手にとってみてください。一緒にこの絵本を見た人の反応も良かったので、図書館にリクエストをする予定です。

6月のミニ英語絵本の読み聞かせ会

この日のこの時間帯は、子ども連れの家族が見当たらず、初めは一家族だけのご参加でした。一旦読み聞かせを終了したのち、時間差でもう一家族来られたので、もう一度同じ絵本を読みました。そういうわけでこの日は大人3名、子ども4名に参加いただきました。

読んだ英語絵本は、次の2冊でした。他にも日本語の絵本読んで~とのリクエストもあり、読み聞かせキャリア最長の女性が何冊か子どもたちに読んでいました。運が良ければそういうこともアリかも?!ご期待にそえないときもあるので、ご了承ください><;

  • Chug-chug-Train
  • The Very Hungry Caterpillar Finger Puppet Book

    

この日の感想

まだ先のことと思っていたおはなし会が、いよいよ来月となりました。時間が過ぎるのは早いです。年々メンバーのチームワークが良くなってきているのを感じます。新しく仲間入りした人でも、どんどん意見やアイデアを出してもらって、もっともっと楽しい集まりにしていきたいなぁと思います。

7月28日(土)10時半から11時半まで、コスメイト行橋にておはなし会をしますので、ぜひお越しください。たくさんの方に楽しんでもらえるプログラム作りを目指して、みんなで知恵を絞りました。けれど私たち自身が、とても楽しいのです。見に来ていただき、「これなら私もできそう、やってみたい」と思われたなら、お声かけください!

下、おはなし会のチラシです。クリックすると別窓で大きく表示されます。↓

入会要件は英語のレベルではなく、英語や絵本への興味、情熱です。英語が好きなお友達が欲しいな~という方も、練習日の自由は見学にできます。日程に関しては図書館に置いている英語絵本の会のチラシを見ていただくか、または図書館にお問い合わせください。

スポンサーリンク
eigosuki336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
eigosuki336x280