Little House In The Big Woodsで多読200万語通過

スポンサーリンク
eigosuki336x280

Little House In The Big Woods

洋書タイトル『Little House In The Big Woods』で、200万語通過しました!100万語から約1年半かかりました。100万語までも1年半かかりましたから、殆ど同じペースということですね。300万語まではもうちょっと加速できればいいのだけど・・・

私はLittle Houseシリーズを、ボックスセットを買いました。これからぼちぼち読んでいこうと思います。難しさですが、YL(読みやすさレベル)的には5ぐらいなので私にはちょうどよいかちょっと難しいぐらいのはずです。ところが知らない単語が多すぎてびっくり。それでも楽しく読み終えることができました。

読書記録に書いた感想を紹介しましょう。

大自然の中で自給自足の暮らしをするLaura一家。厳しい自然の中で暮らしながらものびのびと、心豊かに暮らす一家は楽しそう。でもお父さんが家族が食べるための獲物を捕って帰るなんて、厳しい生活をしてるんだな。鹿を銃で撃てなかったお父さんとそれに賛成したLauraに対して、自然と共存して生きるってそういうことなんだなって思った。

このお話は有名だと思うけど、実は私、タイトルは知っていましたが、どんなお話かは全く知りませんでした。これからこのシリーズをぼちぼち読んでいきます。私もLittle Houseの世界にどっぷり浸れるかしら?

200万語達成した感想

200万語まで到達して思うことは、200万語なんてまだまだ量が少ない。もっともっとたくさんの英語に触れていきたいです。いつしか日本語を全く介さずに理解できるようになっていましたが、もっとたくさんの言葉を知りたいし、もっと速く読めるようになりたいです。「もっともっと」という思いでいっぱいです。

100万語のときの自分と200万語のときの自分がどう違っているかは、はっきりとはわかりませんが、最近は知らない単語があってもスピードを落とさずに読めるようになりました。気にもなりません。・・・苦にならないって言ったほうが正確かもしれませんが・・・。

さぁ、次は300万語をめざして思いっきり読書を楽しみたいと思います。これからも読んだ本をいっぱい紹介していきますね!

これまでのところ 2003661語
300万語まであと 996339語

スポンサーリンク
eigosuki336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
eigosuki336x280