洋書Dustbin Babyから児童虐待まで

ジャクリン・ウィルソンの『Dustbin Baby』を読んでいます。いつもは読んだ後の感想を書いているのですが、今日は途中経過報告です。

スポンサーリンク
eigosuki336x280

子どもへの虐待について書かれた本 洋書&和書

Dustbin Baby

このお話、すごいです。主人公の女の子は、産まれたときにゴミ箱に捨てられていたのです。お母さん、お父さんが誰だかわからないし、その上ゴミ箱の中で発見されたという事実が彼女をずっと苦しめます。養子縁組をして、幸せになるかと思いきや、不幸が訪れます。彼女の心の闇というか、苦しさが語られているのですが、読んでいて心が苦しくなって仕方がありません。

この本、児童書なんですよ!すごくないですか?子供たちが読む本にしては・・・。この著者であるジャクリン・ウィルソンは、社会問題なんかを取り上げて、児童向けの小説を書いているのだそう。

新 凍りついた瞳(め)

ところで私、図書館でぽこさんの絵本を借りるついでに、自分の本も1-2冊借りているのですが、今読んでいるのが「新 凍りついた瞳(め)」という本。これは児童虐待について書かれた本です。実際にあったことをもとにかかれてあって、非常に重たい内容です。現在の法律では、子供に必要な特定の大人に対する愛着心が育つ環境を作れない、という不都合も初めて知りました。

虐待される子供は悲惨ですが、虐待してしまった親はいったいどういう気持ちだったのでしょうか。苦しかったんじゃないかな・・・って思うんです。でも虐待なんて、許されるわけありません。

子供を持つ親となった今、子供が虐待されている様子が書かれた本を読むことはとてもつらいです。でも自分は絶対にしない、という保証なんてありません。いつ何時、そんな精神状態に陥ってしまうかもわからないと思うのです。だからよく知っておきたいと思い、図書館で思わず手に取りました。

実は私も物心ついたときには、虐待されていました。虐待っていうとギョッとしますが、命の危険にさらされるほどの状態ではなく。昔のよくありがちな光景の部類か、それよりちょっと過激な程度です。でも今振り返っても恐ろしい記憶。なぜ母はあんな風だったのか、子ども時代に他界したため、今となっては聞くこともできません。

毎日の育児でイライラすることもあり、そのたびに母との対話をしています。今だから理解しようと思えばできることもあり、昔ほどの負の感情はもうありません。だから余計に子どもへの虐待に対する関心が高くなるのは仕方のないことなのかもしれないです。

今読んでいる本が英語も日本語も、子供がかわいそうなことになっているお話しで、私の頭の中は今、そういうことでいっぱいの状態・・・>-<; でも大丈夫^-^ ぽこさん、かわいい*^-^* 癒しです。

Dustbin Babyは、読んだらまた読後感想を書きたいと思います。明日から15日まで、旦那さんの実家へ帰省しますので、コメントくださる方への返信が遅くなると思います。必ず返信しますので、お待ち下さいね。帰ったら、また英語のお話しの続きを書きたいと思います。

では行ってきます~^0^/

スポンサーリンク
eigosuki336x280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
eigosuki336x280

コメント

  1. あーちゃん より:

    1 ■ご無沙汰です
    ここ最近、児童虐待が取り出されてますよね(–;)

    非情に胸が痛みます

    わたしも娘や息子に対して虐待しなかったとは言い切れなかったかもしれません…

    完璧な人間は決していないから間違ってしまう事もある…
    しかしそれを許す心と何でも言える人がいるかどうか紙一重なのかもしれません
    このテーマは一生かかっても答えが出せないかも…(/_;)/~~

    あ、なんか重くなりましたね(((^^;)
    わたしは土曜日に娘と私立学校の説明会に行きます(^-^)/

    気を付けて行ってらっしゃいませ~(⌒0⌒)/~~
    http://ameblo.jp/chickenachan0729/

  2. ころぼっくる より:

    2 ■無題
    Dustbin Babyですか。
    自分も読んでみたい気がしますね。
    読後感想も楽しみにしてます!
    http://ameblo.jp/higueruela/

  3. われもこ より:

    3 ■Re:あーちゃんさんへ
    >あーちゃんさん
    コメントありがとうございました。
    ただいまお盆休みから戻りました。

    子供の虐待が減り、つらい思いをしている子供たちが減ってくれることを祈りつつ、虐待をしてしまう親や大人たちの心の傷も、癒される日がくればいいなと思います。

    周りが気づき、ケアすることはもちろん大切ですが、最終的には自分で自分自身をケアできなければ、本当の意味で救われないでしょう。

    簡単に言えますが、並大抵のことではないと思います。

    この本は気持ちが重たくなると同時に、自分の気持ちを軽くしてくれる本でもありました。

    あーちゃんさんは、立派にお子様を2人も育てていらっしゃって、素晴らしいですよ!
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

  4. われもこ より:

    4 ■Re:ころぼっくるさんへ
    >ころぼっくるさん
    コメントありがとうございます。
    は~い(*^▽^*)
    読んだら感想をUPしますね☆
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/

  5. りな より:

    5 ■☆
    すごい内容の本ですね♪
    すごく興味あります☆☆☆
    読んでみたいです♪♪♪(*^O^*)
    http://ameblo.jp/barbies2-y/

  6. われもこ より:

    6 ■Re:りなさんへ
    >りなさん
    コメントありがとうございます。
    お返事が遅くなって、すみません。
    やっとDustbin Baby読み終わりました!
    時間を見つけて感想記事をUPしますね。
    とてもとても良かったですよ~
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/