カタツムリ刑事?!

Kindle洋書、さっき読み終わった面白かったミステリーをご紹介します。子どもが読む洋書なので、ミステリーと言っても大人が読む本格ミステリーではありませんのでご注意を。

Bartley Janks, Snail Detective

洋書のタイトルは『Bartley Janks, Snail Detective』。これ、現在(2013年8月2日)300円になっていますが、私は0円でダウンロードしました。いつも無料の面白い洋書がないか、チェックしています。それも仕事なので。これはよかったです!このSnail・・・カタツムリ、名前はBartleyといいますが、刑事さんなんです。動きと言葉はノロイが、頭の回転は速い!!らしいです。これまでにいくつもの事件を解決に導いています。

今回は、ミツバチの巣から一夜にして蜂蜜を全部盗まれてしまった事件。どうやら犯人は・・・ナメクジぃ!?なんで蜂蜜なん?ナメクジがどうやってハチの巣に?という疑問が湧いてきます。ところでこの事件、Mollyという蛾が担当していたのです。しかし女王蜂からのプレッシャーと、事件解決の糸口がつかめず、投げ出しちゃったのですって。Mollyも優秀なんです。でもその彼女ですら投げ出す事件。

現場を見に行ったカタツムリのBartley。何かピンとくるものがあったのか?犯人が次の犯行予告のメモ書きを残していました。Bartleyは「犯行予告の日時までには戻る」と言い残し、どこかへ去って行きました。行った先はMollyの家。完全にいじけモードのMolly。二人は言葉を交わします。そのときのBartleyったら、そりゃもう・・・かっこええんですわ。

Bartleyのかっこいい言葉に傷心のMollyの心は動かされました。チームを組まず、いつも一人で事件解決にあたっていたBartleyが、今回はチームを組もうというのです。そして二人は事件の現場へと向かうのです。本当に犯人はナメクジなの?どうやって現れるの?犯行予告なんてしちゃって、相当自信あるの?蜂蜜って、いったい目的は何?いや、それよりもBartleyの戦略は?かわいらしく、そしてちょっぴり素敵なお話でした。

今洋書多読のホームページでは、こういった面白いKindle洋書のレビューを書き始めています。今後、どんどん増やしていく予定です。ただ、残念なのは、レビューを書くころには洋書の値段がゼロ円でなくなっていること。Kindle洋書の多読に興味があって、たくさん読みたいけど、どうせなら無料で面白い洋書をダウンロードしたい!!でもどれが面白い洋書がわからんし、探すのが面倒!!という方は、ぜひlink 無料Kindle洋書をご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 佐藤 ゆかり より:

    1 ■無題
    ハチの巣から蜂蜜が盗まれた・・・?と聞いて
    私が真っ先に疑ったのは・・・「人間」です。
    カタツムリもナメクジもいつも私が庭で戦っている敵なんですが、気になる結末~!
    http://ameblo.jp/myjapanmyuk/

  2. われもこ より:

    2 ■Re:ゆかりさん
    >佐藤 ゆかりさん
    コメントありがとうございます。
    人間は取りますね(笑)
    他にも蜂蜜大好きといえば・・・
    でも話はそう単純ではなく・・・
    あり得なくて笑えます>0<
    http://ameblo.jp/waremoko-tadoku/