多読 The Client と子育てその後

The Client

洋書のタイトルは『The Client』です。久しぶりに読書感想です。「依頼人」という映画になっています。

少年が弟と遊びに出かけると、とんでもない場面に出くわし、とんでもない話を聞いてしまい、事件に巻き込まれていきます。少年は家族を守ることができるのでしょうか・・・。最後のほうは話の展開が速すぎて、よくわからないところがありました。

これは実は去年読み終わっていましたが、体調のこともあり、記事を書けませんでした。読んだ語数は読みためた最後の記事に書くことにします。

これからは少しずつ、子育てネタなんかも書いていきたいです。

乳飲み子と泥酔したおっさんの共通点 うちだけ?!

まず最初のネタ。うちの子はおなかの中にいるとき、すごく手足を動かす子でした。そのため突然お腹を蹴られて「うっ」となったり、よくしてました。で、ついたあだ名が「ぽこちゃん」でした。生まれてからも、しばらくは名前が決まらなかったので、ぽこちゃんと呼んでいました。いまだに名前を呼ぶよりも、あだ名が出てきてしまいます。

そのぽこちゃん、食欲旺盛です。大分太ってきました。おっぱいよこせ泣きに、いつも驚かされています。

おっぱいといえば、入院中の流血事件がありました。これは次回へとっておくとして・・・。

怪獣ぽこは、おっぱいをお腹いっぱい飲んだあと、必ずしんどそうに、でも満足そうに、泥酔状態のおっさんに変身します。背中の丸まり具合といい、変な声といい、まるでおっさんが泥酔しているように見えます。おもしろいです。おもしろかわいいです。

お腹が満たされて、満足すると必ず片手を元気よく上に上げるんです。その瞬間は笑顔です。そして次はしんどそうな泥酔のおっさんになる・・・。

表情がめまぐるしく変わります。ずっと見てても飽きませんね。

子育ては睡魔との闘いだったのね

ぽこママはしかし、ぽこちゃんが寝てくれなかった日は、恐ろしい睡魔に襲われて、ちょっと不機嫌なのでした。いつだったか、眠くてしかたがなくて、授乳中に抱っこしてる手が緩んで、ぽこちゃんが落ちそうになって、私も後ろに倒れそうになって、親子二人で「おっとっと」となったときは笑ってしまいました。

落とさなかったから笑えるんですけどね。

こんな感じで、楽しみながら育児頑張ってます。ブログの更新も時間を見つけてやっていきますので、これからもよろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする