インターネットが距離を縮めてくれる

先日、YouTubeで遠く離れた場所からの絵本読み聞かせを見て、感動しました。

きっかけはいただいた洋書絵本

昨日、ある方から洋書絵本をいただきました。その絵本がとてもきれいな色使いで、そしてストーリーもかわいらしいのです。いただいたその夜、初見で(練習なしのぶっつけ本番で いつものことなのですが 笑)ぽこすけに読み聞かせしました。

その洋書絵本は、タイトル『Too Many Mangos A Story About Sharing』。ハワイの絵本です。読み聞かせながら、私も始めてストーリーを知りましたが、読み終えたとき、なんともほっこりするような幸せな気分になりました。ぽこすけも大変気に入った様子でした。


Too Many Mangos: A Story About Sharing

新たな可能性と楽しみを模索したい

そしてその翌日、今日ですがこの絵本について調べたいことがあり、インターネットを見ていたら、たまたまYouTubeで読み聞かせをしている動画を見つけました。早速見てみると、これがまた素敵で。読み聞かせしている人は、ハワイにいます。そして小学校かな?聞き手の子どもたちはミネソタにいます。ライブ中継で読み聞かせして、その後ハワイについていろいろ質問をするという動画でした。その動画をシェアしますね。

私はこれを見て、すごいなと思いました。ワクワクしました。私の楽しみも活動範囲も、もっともっと広がっていく気がしました。これをヒントに、私も何か楽しくてワクワクすることをしたいなと思いました。英語が自由に話せて、こうしてつながりが持てるのも素敵ですね。近い将来、何か思いついたらやってみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする